・好きな音楽を聴くのはささやかな楽しみ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
THE WALKER BROTHERS IN JAPAN
 

昨夜は久しぶりにこの懐かしのレコードを聴きました。
で、少しノスタルジックな気分・・・(笑)。

1968年正月の日本だけの再結成コンサートのライヴ盤です。
一応このコンサートは「日本のファンのために」というふれ込みですが、解散したグループ、しかもメンバーがそれぞれソロ活動を始動している時期にこういう事態は異例中の異例。当然当時のファンたちは興奮に包まれましたが、かなりのギャラ提示があったということが伝えられているところです。

ジョン、スコット、ゲイリーのソロ・パートをメインにしたようなセットリストは致し方ないかもしれませんが、やはりこうして残された音源を聴いていると、もっとウォーカーズとしてのパフォーマンスを披露してもらいたかったという気になります。
そして、2枚組LPでまだ収録時間に余裕があると思われるのに、数曲カットされているのは少し痛いです。とくに初期の「MY SHIP IS COMING IN」は私のお気に入りで是非収録してもらいたかったナンバーです。
しかし、最終面の「WALKING IN THE RAIN」そして「THE SUN AIN'T GONNA SHINE ANYMORE」と続くウォーカーズ・ナンバーには少し胸が熱くなります。ここらは当時を偲ぶという少しノスタルジックな思いゆえでしょうか。
この公演のために急拵えしたバック・バンド、そしてあまり良好とはいえない録音状態など、記録としての価値以上のものを見出しにくいアルバムですが、黄色い喚声に包まれたスコット・ウォーカーの歌声が記録された貴重な音源です。

この公演の司会はなんと「オヒョイさん」こと藤村俊二氏!
あと、英国から連れてきたとされるバック・バンドのドラマーは後にジェフ・ベック・グループに加わるミック・ウォーラーなんですね。
ネタ的には面白いところです。


A-1 LAND OF 1000 DANCES
A-2 I NEED YOU
A-3 EVERYTHING UNDER THE SUN
A-4 TELL ME HOW DO YOU FEEL
A-5 WATCH YOUR STEP
A-6 UP TIGHT
B-1 IN MY ROOM
B-2 THE LADY CAME FROM BALTIMORE
B-3 LIVING 'AVOVE YOUR HEAD
B-4 DIZZIE MISS LIZZIE
B-5 TWINKLE-LEE
C-1 HOLD ON
C-2 ANNABELLA
C-3 YESTERDAY
C-4 REACH OUT I'LL BE THERE
C-5 MAKE IT EASY ON YOURSELF
D-1 SATURDAY'S CHILD
D-2 WALKING IN THE RAIN
D-3 THE SUN AIN'T GONNA SHINE ANYMORE
D-4 TURN ON YOUR LOVE LIGHT
D-5 OOH POO PAH DOO

Music-Rock/Pops comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kimamani4649.jugem.jp/trackback/155
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5