・好きな音楽を聴くのはささやかな楽しみ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
SONNY ROLLINS / A NIGHT AT THE VILLAGE VANGUARD
 

この手持ち盤はキングの重量盤です。
こだわりの復刻で音質も国内再発盤では最高との評判で、私自身もいままで聴いた国内盤ではいちばん図太い音がするという感想を持っています。
この名作ライヴはやはり深みのあるアナログレコードで楽しみたいものです。初期のCDの音は少し薄っぺらな印象でした。

ジャズ・クラブでのライヴということもあって、ロリンズの豪放なプレイ、地を這うようなウイルバー・ウエアの図太いベース、そして柔軟なポリリズムを刻むエルヴィン・ジョーンズのドラムスが一体となったグルーヴ感には圧倒されます。オン・マイク気味の録音もあって最初は少しドラムスの音(シンバル)が喧しく感じたものですが、いまではこの臨場感があってこその快感すら感じる気持ちよさです。
ロリンズのインプロヴァイザーぶりが遺憾なく発揮された作品といえるでしょう。
熱演のあとクールダウンするような「I CAN'T GET STARTED」も格別です。

ピアノレス・トリオのロリンズといえば同じ57年のCONTEMPORARY盤『WAY OUT WEST』のほうを先に聴いていたので、このライヴ盤を初めて聴いたときはちょっと馴染めませんでした。
『WAY OUT WEST』はロスのスタジオ録音で、この時期のロリンズの豪快な音色で緊張とくつろぎを混在させた“ロリンズ節”がピアノレス編成で際立ったものですが、このBLUE NOTE盤は自己のアドリブの限界に挑戦するロリンズのイメージが強いですね。

同じ編成であってもこんなに表情が変わっちゃうんだなぁ、というロリンズの名盤です。


A-1 OLD DEVIL MOON
A-2 SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
A-3 STRIVER'S ROW
B-1 SONNYMOON FOR TWO
B-2 A NIGHT IN TUNISIA
B-3 I CAN'T GET STARTED

Music-Jazz comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんわ。文句なしの1枚ですね。ベースがまたいいですね。完全版のCDもたまに聴きますが、ちょっと長すぎます。やはりLPの時間が程よいようです。
from. めんくい | 2012/03/29 23:28 |
めんくいさん、コメントありがとうございます。

私も完全版CD持っていますが、少しボリュームありすぎでしょうか、集中できません(笑)。やはり厳選された内容のLPが曲順にも馴染みがあり、聴き通すにはこれに限りますね。
ロリンズのアナウンスもいいし、もちろん演奏も文句なしに楽しめます。モノラルで収録されたライヴは音の密度も濃いですね。
from. yuki7207 | 2012/03/30 09:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kimamani4649.jugem.jp/trackback/152
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5