・好きな音楽を聴くのはささやかな楽しみ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
MILES DAVIS / FOUR & MORE
 

64年2月、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのライヴ録音。
同日のライヴ録音で『MY FUNNY VALENTINE』というバラード集がありますが、聴くのはどうしてもこちらのほうが多くなります。

ニューヨーク・フィル専用だったクラシックの殿堂「フィルハーモニック・ホール」で開催された初めてのジャズ・コンサート。しかも前年に暗殺されたケネディ大統領を追悼するコンサートだったとの説もあるくらいですから、クインテットのメンバーはかなり緊張し、かつそれを上まわる意気込みでステージに立ったことでしょう。
そんな空気が伝わってくるようなテンションの高い演奏です。

この時期のクインテットのサックス奏者は過渡期という印象が拭えません。この日のステージに立ったのはやや保守的なジョージ・コールマン。この人のサックス、さほど悪くないと思いますがコンボ全体からは少し浮いている印象です。コンセプトが合わないというか・・・。
しかし、ここでは比較的アップテンポの曲中心ということで、そんなコールマンもあまり気にならずに楽しめます。

それにしてもオープニングの「SO WHAT」から「WALKIN'」へ続く冒頭2曲はいつ聴いてもゾクゾクします。
最近は曲目の良さからB面の流れを楽しむことが多いですが、このアルバムはやはりこの冒頭2曲を抜きには語れませんね。テンションの高さは桁外れで、ある程度パターン化させた演奏とはいえ、つい引き込まれてしまいます。


A-1 SO WHAT
A-2 WALKIN'
A-3 JOSHUA
A-4 GO-GO
B-1 FOUR
B-2 SEVEN STEPS TO HEAVEN
B-3 THERE IS NO GREATER LOVE
B-4 GO-GO

Music-Jazz comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは

最高ですね。ことに、トニー・ウィリアムスとハービー・ハンコックのプレイの新鮮さには、学生時代にジャズ喫茶で初めて聴いたときに、鳥肌が立つような気がしたものです。それまで、スイング系やハードバップも古いところを聴いていたので。今でも、マイルスのアルバム中、1〜2に上げたくなるものです。仰るように、コールマンも悪くないですね。
from. azumino | 2012/03/21 22:16 |
azuminoさん、コメントありがとうございます。

このアルバムは一連のライブ作でも録音バランスが優れていると思いますので、ジャズ喫茶での大音量再生は興奮ものだったと思います。
このリズム隊は50年代のハードバップを聴き慣れた耳には新鮮ですね。いや、新鮮というよりも衝撃といってもいいかもしれません。ロン・カーターのベースもすごいと思います。
各面最後のテーマ曲もちょっとした聴きものなんですね。
from. yuki7207 | 2012/03/22 10:53 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kimamani4649.jugem.jp/trackback/148
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5