・好きな音楽を聴くのはささやかな楽しみ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
定位修正のRVGリマスターに興奮!
 

いまさらという感もありますが、RVGリマスターCDの話題です。
私はこの正月、この音源を興奮して聴き入っていました。

あまりに有名なドルフィー〜リトルの5スポット・ライヴですが、私は長年にわたり愛聴して、レコード、CDともに幾度となく買い換えてきました。
少しでもいい音で聴きたいという思いもありましたが、気になっていたのは左右に広げすぎた音の定位。いわゆる中ヌケ状態で、それはライヴの臨場感が損なわれる音像定位でした。

ルディ・ヴァン・ゲルダーがPRESTIGE盤のリマスターに取り組んでいることは知っていましたので、もしこの5スポット・ライヴをRVGがリマスターしたらその定位問題も解消されるかもしれない、と少し期待していました。ヴァン・ゲルダーはBLUE NOTEのリマスターCDで、同じような左右振り分け定位をかなり改善していましたからね。

ということで年明け早々、この2枚のCDを買ってきました。
早速トレイにセットし再生してみると期待通り、ドルフィーもリトルもやや中央寄りの定位に修正されたものでした。
中ヌケ状態は解消され、中央でブンブン鳴り響くリチャード・デイビスのベースもクッキリと姿を現してバンド全体の躍動感が生々しくなっています。第1集の冒頭「FIRE WALTZ」でいきなり炸裂するドルフィーのアルトに私はのけぞりました。
もっともリマスター効果もあるでしょうから、単純に定位だけの問題ではないと思いますが、「この音」はいいです。

あと、手に入れるまで知らなかったのですが、この第2集には『MEMORIAL ALBUM』に分散収録されていた2曲が追加されているのですね。
つまりこの2枚でこの夜残された音源の大半が揃ってしまうという、嬉しいまさにボーナスなトラックです。

個人的には5スポット・ライヴの決定版になりそうなCDです。

daily life comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
RVGは精力的ですよね。お幾つになられたんでしょうかね?僕はほとんどCD買わないので、わかりませんが。
from. めんくい | 2012/01/04 21:43 |
めんくいさん、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

RVGは1924年生まれですから、今年米寿を迎えますね。
高齢になりましたが、いまだ第一線、という感じがします。

僕も昨年の夏まではCDはまったく興味なしでした(笑)。
from. yuki7207 | 2012/01/05 10:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kimamani4649.jugem.jp/trackback/105
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5